リア充になりたくて頑張ったけど根が非リアだったから無理だったはなし

人生

私はどちらかというと昔から根暗で、人見知りの激しい人間です。今もそうです。

なのでずっとリア充に憧れて生きてきましたし、実際なりたいと思って頑張ったことも結構ありました。

リアルやSNSでキラキラしてるリア充たちが羨ましかった

リア充の人たちって、リアルでもSNSでもキラキラしてる人たちが多いですよね。

SNSは盛ってるから…と言う人いますが、私にはそんな日常のハイライトみたいな機会はまずありません。

  • みんなで乾杯したり
  • みんなで食事したり

大勢の人と寄ってたかって騒ぐ…みたいな経験が、あまり無いのです。

仕事の飲み会ではよくありましたし楽しかったですが、プライベートでは皆無です。

なので、SNSでオフ会の写メをアップしてる人たちがいつも羨ましかったのです。

なので、私も思い切ってオフ会に参加してみたんです。

でも、そこは思ってた世界と、少し違いました…。

たくさんのオフ会に参加してみた結果

ゲームのオフ会や仕事つながりのオフ会、その他ネット上で仲良くしてもらった人たちとのオフ会など、今までたくさんのオフ会に参加してきました。

いろんな方たちに会って、たくさんお話していただきました。

それはとても嬉しかったですし、感謝しています。

ですがなんというか、毎回そうだったのですが、オフ会が終わった後の私は、いつも謎の解放感に包まれていました…。

実際オフ会は初対面の方が多いので、なんというか、とにかく気疲れしてしまうのです。

なので終わった後はいつもぐったりしてしまいますし、とにかく疲れてしまいました。

しかもその後、特に交流が続く方もそれほど多くなく…。

たくさんのオフ会に参加していろいろな人とお話したり話しかけたりしましたが、結局疲弊するだけで、私が(勝手に)想像していた、キラキラした世界とはまるで違うものでした。

そもそも私は非リアが性に合っていた

リア充を目指してずっとキラキラした人生に憧れていた私でしたが、ある日突然、自分は非リアが性に合ってることを確信してしまいました。

むしろ認めたくなかっただけで本当はわかっていたのかもしれませんが、私は生粋の非リアなのです。

なのでリア充にはなりたくてもなれないし、そもそも向いていないのです。

  • だって私は1人が好きだし
  • 基本的に単独行動しかしないし
  • 大勢より1:1の方が好きだから

友達もたくさん欲しくて自分から話しかけたり行動したりもしてきましたが、結局は1人でいるのが1番ラクなのでいつも最後は1人になりますし、周囲の人たちもそんな私の根暗さ加減にすぐに気付いてしまうのか、あまり近寄ってこないです…。笑

そのままの自分でいいやと思った

私は根暗で非リアな自分を、受け入れました。

いつ受け入れるようになったのかはわかりませんが、30代に突入してからだと思います。

もうそのままの自分でいいし、これからはありのままの自分で生きていくことにしたのです。

だって、その方がラクに生きることができますから。

なのでもう1人でいいし、自分がやりたいこと、好きなことをして生きていこうと思うようになりました。

苦手なことや、向いていないことは極力避けるようになりました。

嫌なものや見たくないものからは、積極的に距離を置くようにもなりました。

なのでSNSは消してしまったアカウントも結構ありました。

自分のために、貪欲に生きていきたいと思います

以前の私は人からどう見られるのかを気にしていたり、人から良く見られたいと思うような人間でした。

でも今は、他人の目などまったく気にならなくなりました。

どうせ誰も私になんか興味ないし、仲良くなんかしてくれない。

好かれなくていいし、むしろ嫌われても怖くありません。

なので嫌いたきゃ嫌え。言いたきゃ言え。

こんな風に思うようになってしまいました。

文章で見るととても排他的で残念な人間に見えますが、他人を拒絶してるわけではありません。

こんな私でも仲良くしてくれる人、接してくれる人には、私なりの最大限の感謝を込めていつも交流させていただいてます。

というかありのままの自分でいるようになったら、逆に人から話しかけてもらえたり、仲良くしてくれる人が増えたような気がするのですが、これはこれで良かったと思っています。

とても嬉しいですし、大事にしていきたいです。

そして私は自分のために、残りの人生はとにかく貪欲に生きていきたいと思っています。

やりたいことはやるし、欲しい物も買います。

「こんな生活をして、こんな人生を送りたい。」と思ったら、それを実現させる努力をします。

2年後の上京もその1つで、時間はかかりますが、今からとても楽しみにしています。

そうやって自分の中で立てた目標を、1つずつ実現させていく。

そんな人生を送っていきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました