自分は無能だと認めた日。

日記

最近ですが、私は自分が無能であることをようやく認めることができました。

もともと臨機応変な対応が苦手で、仕事も簡単なルーチン作業以外はできないことがほとんどです。

先日は7年間続けてきたアフィリエイトにとうとう挫折し、自分の努力不足と能力不足を死ぬほど痛感する結果となりました。

周りにいたすごい人たちと比べてみても、私は常に凡人以下でした。

自分はできる、価値のある人間だと思い込んでいた

「私は絶対やればできるし、価値の高い人間なんだ。」

ずっとそう思い続けながら生きてきました。

もちろんそんなの嘘っぱちで、本当は何もできない自分を励ますためにそう思い込んでいただけでした。

周囲からの評価はまったく高くないのに、自己評価ばかり高い人間でした。(本当に格好悪いです。涙が出そうです。)

本当は何もできない無能な人間なのに、今まで気付かないフリをして生きてきました。

私には何の才能も無ければ、努力する力もない。

私はただの無能な人間だったのです。

私はただの無能な人間だった

私は自分が無能な人間であることに、ようやく気が付きました。

ですが、それほど落ち込んでいません。

むしろ悲しいことに、「ああ、やっぱりそうだったんだw」という変な安心感さえあります…。

無能な自分に気付き、それを認め、受け入れたことで、謎の解放感に包まれるようになりました。

そして以下のようなことを思いました。

  • 無能だから上手くいかないことが多いし、やってもできないことがほとんどだ
  • そもそも元々の能力が低いから、向いてないことはできない
  • それなら少しでも向いてることをやった方がいいのでは?
  • 私に向いてることって何だろう??

無能なので向いてることを探すのも至難の業ですが、今のところ私には接客の仕事が割と向いてるんじゃないかと勝手に思っています。

お客様とお話するのは好きですし、お客様に喜んでもらえたらもっと嬉しいです。

なので、バイトでも何でもいいので何かしらの接客業に就きたいと考えています。

無能でも人の役に立つことはできる

無能だから何もできないのか…と最初は悲観的になりましたが、上記のように私にもできることがあるのです。

無能でも人の役に立つことはできると思っています。

なので、残りの人生はできるだけ人のために生きていけたらいいなと考えています。

仕事では、お客様に喜んでもらいたい

今後は、1人でも多くのお客様に喜んでもらえるような仕事をしていきたいです。

一応2年後に上京して接客業に就きたいと考えていますが、雇ってもらえるかは分かりません。

もしダメでも、接客に携わるお仕事を何とかして見つけたいと思っています。

私生活では、目の前にいる人を幸せにしたい

幸せにしたい…というと大袈裟ですが、そのくらいの気持ちで目の前にいる人と接していきたいです。

私とお話してくれる人には、最大限の感謝の気持ちを持って交流したいです。

私と話すことで、喜んでほしい、幸せな気持ちになってほしい、そんな思いでやっていきたいです。

気持ち悪いかもしれませんが、それくらい人との交流は重要視しています。

自分には、できるだけ好きなことをやらせたい

無能なので、やりたくないことはもちろん、向いてないことはできません。

もちろん仕事などそれでもやらなければならない時もありますが、できるだけ好きなことをやっていきたいです。

それが何なのかはまだあまりわかっていなくて探し中ですが、今はとりあえず2年後に上京したいので、それに向かって頑張っています。

無能でも幸せになれると思う

無能は社会のお荷物的扱いを受けることが多々あると思います。

ですが、もしかしたらそれはそこが自分の居場所じゃないからかもしれません。

自分の居場所じゃない=自分に向いていないことだから、余計生きづらくなる。

なので、まずは自分に向いていること=自分の居場所を探すところから始めてみるといいのかなと思いました。

私はそうやって生きていくつもりですし、無能でも何とか幸せになってみたいと思っています。^^

無能にはなかなか生きづらい世の中だと思いますが、何とかやっていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました